kadoyaホームページ|株式会社カドヤ

RACING SPIRIT AND CRAFTSMANSHIP SINCE 1935

HOME


kadoyaトップページ


リペア&カスタム

年月というのはお金では買えない価値であり、時とともに増すレザーウエアの風合いはなにものにも代えがたい。しかしその一方、どんなに大切に扱っていても長い年月による糸のほつれやファスナーの壊れなどは防げない。だが創業当初からリペアに力を入れてきたカドヤなら、くたびれたウエアをまた蘇らせてくれるのだ。
さすがに表面の穴などはふせぎようがないものの、ワッペンやポケットを付けるなどセンスのいいカスタムで新しい表情を見せてくれることも。あまりにひどい状態のものはさすがに修復できないこともあるが、職人が開発同様に腕をふるい、ほとんどのトラブルはなんとかしてくれる。
愛用した革ジャンをリペア後に息子さんに譲るという例もあり、そんな愛用者がいるかぎりリペアの手も弛めることはないのだ。


リペア&カスタム画像1

さてこの大穴をどうするか

大きくアナの開いてしまったレディスコート。この穴をふさぐために表面の囲うが必要になてくるわけだ。


リペア&カスタム画像2

裏から革を当てる

裏側に革を当ててやぶれた場所をボンドでとめる。繊細なゴートスキンなので、作業は慎重に進められる


リペア&カスタム画像3

しっかり伸ばして固定

シワにならないようビシッと伸ばしながら固定。やぶれが進行することはないが、穴を隠さなくてはいけない


リペア&カスタム画像4

裏から革を当てる

膨大なストックから質感の似た革を探し、ポケットを作製。きちんと使えるように小さくても裏地付きの本格派だ


リペア&カスタム画像5

丁寧な縫製で仕上げる

小さなパーツだけに作業も細かいが、丁寧な手さばきで縫いつけられる。当て補修1万800円+ポケット6480円

このようにバランスやデザインを考慮しながら、最良を求めて対応するのが「HFリペア」の真骨頂


リペア&カスタム画像6
リペア&カスタム 価格表

フッターメニュー(グローバルメニュー枠)

Copyright © 2009 KADOYA,Inc. All Rights Reserved.