kadoyaホームページ|株式会社カドヤ

RACING SPIRIT AND CRAFTSMANSHIP SINCE 1935

HOME


kadoyaトップページ


芯貼り

イメージ画像・1

すきを終えたパーツは芯貼りの作業に移る。芯貼りを行う理由は2つある。
1:伸び止めの為
2:風合いを出す為
一般的に芯貼りをするのはジャケットの変形を防ぐ為。しかし前述の通りHFで扱う革は厚手の物が多い為、袖まわりや裾まわり等、変形し易いデリケートな箇所のみ行う場合が多い。しかし芯貼りの役目はこれだけではない。 例えばジッパーまわりへの芯貼りはスライダーの動きを滑らかにする事が出来る。
また薄い革でベルトを作る場合に張りを持たせたい、キャラメルパッドにふっくら感を出したいなど、風合い(ニュアンス)を表現する為にも芯貼りを行う。
何気なく手にしているパーツの一つひとつにもこのような気配りが施されているのだ。



 




フッターメニュー(グローバルメニュー枠)

Copyright © 2009 KADOYA,Inc. All Rights Reserved.