kadoyaホームページ|株式会社カドヤ

RACING SPIRIT AND CRAFTSMANSHIP SINCE 1935

HOME


kadoyaトップページ


一人一着縫い<あくなきクオリティの追求>

イメージ画像・1

創業1935年という歴史を持つ革の老舗カドヤ。
その本社工場である『HEAD FACTORY』にはベテランと若手職人の熱気が立ち込め、純国産に拘ったハイクオリティな商品を生み出している。
しかし何故『HEAD FACTORY』の革ジャンがハイクオリティだと言われているのか。その事実を知る者は少ないだろう。ここでは一着の革ジャンが完成するまでの工程を通してその完成度の高さを知って貰いたい。

『創業当初のカドヤというのは本当に小さなお店だったんですよ。そんな体制だからお客様と職人が直接接するというのは常であり、細かな要望に応えたり職人ならではの技術的・構造的なアドバイスをお伝えする事が出来たんですね。 だから精度の高い製品を提供出来た。 これには創業者である深野正次郎の“革はお客様の好みで作り変えるもの”というポリシーが息づいていると思うんです。

しかし効率のみを追求した現代の生産方法では、そこまでの対応は難しくなっているんです。
“HEAD FACTORY”が実践している“一人一着縫い”は創業から受け継がれるお客様に対する細やかな“気配り”を体現したものです。だからこそ製品管理にも徹底的にこだわっています。更に言うなら僕が考える“HEAD FACTORY”とは工場だけでなく販売スタッフも含めたカドヤの物作りへの姿勢なんです。そしてカドヤ製品を愛用し続けて下さるお客様の想いが僕達の物作りの源流になっているかもしれませんね』

ではこれから『HEAD FACTORY』の誇る『一人一着縫い』の全行程をひも解いて見てみよう。




フッターメニュー(グローバルメニュー枠)

Copyright © 2009 KADOYA,Inc. All Rights Reserved.