kadoyaホームページ|株式会社カドヤ

RACING SPIRIT AND CRAFTSMANSHIP SINCE 1935

HOME


kadoyaトップページ


企業理念

アイデンティティ

1935年東京浅草にオーダーメイドの皮服店として創業。
戦後、モーターサイクルの世界に進出し警視庁の皮革コートや浅間火山レース用革ツナギを手掛け、日本におけるバイク用レザーウエアのパイオニア的存在になり得ました。 その後も1980年代のレースブームの中、新たなプロテクションパーツや製法技術を駆使したスーツで数多くのレーサー達をバックアップし、同時にメインフィールドである「ストリート」へ技術を還元する事で、バイク乗りたちの厚い信頼を更に確かなものにしてきました。
日本では数少ないフルオーダーに加え、近年では多様化するニーズに戦略的に応え、ベーシックから極めてハードなラインまで高いクオリティの幅広い製品を揃えています。
その製品作りの根底に流れるのは「RACING SPIRIT AND CRAFTSMANSHIP」。バイクウエアはバイクの進化とともにありつづけるものでなければなりません。そして伝統に裏付けされた技術で支えられていなければなりません。
しかし、そこにはイノベーターとしてのチャレンジが常に繰り返されています。 独自性が無ければ意味が無く、存在する価値が無い。
厳しい基準をクリアした「真価」ある物だけをバイク乗りに提供する。これがKADOYAのモットーであり、誇り高きアイデンティティであります。

物作りに対する商品構成とテーマ

カドヤの成長と発展に欠かせない物作りには3つの要素があります。

第一に、職人が作るオーダーメイド。 究極のユーザーニーズを具現化するもので、ライダー自らの車歴を刻み込めるような一生ものを提供する事。
第二に、革新的なスタイルの提案。
ユーザーニーズの代行プランといえるもので、フレキシブで失敗を恐れない社風とパワーブランドならではの卓越した技術と情報をもとにユーザーの思いを具体的な形やイメージにして提供する事。
第三に、ベーシックモデルの最適化。 シンプルかつ良質という普遍的な魅力を、今日的なニーズでレベルアップする事。

我々は、こよなくバイクを愛する者たちの期待に応える夢のある商品を提供し続けます。


フッターメニュー(グローバルメニュー枠)

Copyright © 2009 KADOYA,Inc. All Rights Reserved.